toggle
2020-07-26

ローズ・オットーの香りは記憶を固定する。

4連休でした。

皆様いかがお過ごしでしたか?

私は読書をしたり、お友達とメッセージのやり取りをしたり、たこやきパーティーをしたり、

試験も受けたのですが、試験前に作ったローズのミストが気分転換や気持ちによく働いてくれ、とても落ち着いて試験勉強が出来たなと思います。

ローズは感情に働きかけてくれるというのもありますが、調べてみると、日本アロマ環境協会(AEAJ)のアロマサイエンス研究調査で、ローズ・オットーの香りは記憶を固定するというという発表がありました。

香り刺激が記憶の固定に影響を与えるかどうかを調べた実験 です。

まず、香りの刺激を与えながら、カードの配置を記憶する学習を行います。

香りというのは、ローズに含まれる成分のフェニルエチルアルコール1% です。

そして、睡眠時、

香り有の方と、香り無しの方に分けます。

そうすると、 学習時に香り刺激を与え、眠るときにも同じ香り刺激を与えた状態にすると、無しの方より学習した内容を翌日記憶していた割合が高いという結果が出ました。

詳しい実験内容と結果についてはこちらに書かれています。

https://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol24.php

アロマやハーブの勉強は楽しいのですが、難しい言葉が出てくると、次の日完全に忘れてしまいます(涙)ので、次回の試験の時は、学習中と眠る時にお部屋をローズの香りにしてみようかなと思います。

様々なシーンで香りは活用できます。

植物の恵みを分けてもらい、助けてもらいながら日々健やかで豊かな生活を。

Herb Harvest Store 9月オープン予定です!

最新の投稿

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です