toggle
2020-04-03

イースターエッグポマンダー作り2020 続編

Herb Harvest
イースターエッグ
ポマンダー

Herb Harvest イースターエッグ作りの様子です!

3月よりイースターエッグ作りの会を開催させて頂きました。小さなお子様から大人の方まで、どの世代の方が作られても素敵な香りで個性豊かなエッグになりました。

実はとても手軽に作れるのですよ!

簡単にご紹介しますね。

卵の殻を用意したら、しっかりと洗って膜を取り乾燥させます。

乾燥したハーブやお花と精油でポプリをつくり、香りをなじませておきます。

卵の殻に生地や和紙、折り紙などを好きに貼り付けます。

貼り終えたら、卵の殻の中にポプリを入れます。

穴にレースやオーガンジーなどを貼り、装飾などをつけて完成!

とても簡単!

皆さんもご自宅で是非作ってみてくださいね。

今回、ポプリは没薬に精油を落とし、乾燥したローズやジャスミンを混ぜました。
卵の殻の穴をあけた所にマスキングテープを貼っておくとやりやすいですよ!

今回、キリスト教の方にもご参加して頂きましたので沢山楽しいお話しを聞かせて頂きました。

イースターエッグはゆで卵を作り、カラフルに染めたり、絵を書いたりするそうです。

教会のあちらこちらに卵を隠して、子ども達が探すエッグハントを行うそうです。宝探しみたいで楽しそうですね。見つけたゆで卵は食べるそう。

ただし、隠し場所を忘れ、子供たちも見つけることが出来なかった場合、次の年に事故がおこるといけないので、全ての卵の地図を予め作っておくのだそう!

2020年のイースターは4月12日。お家で楽しめるハーブクラフトの1つです。

また来年も開催させて頂けたら嬉しいです!

木工用ボンドで器用にパッチワークのようにいくつかの種類の生地を貼っておられます。
イースターは木の祭りでもあると本に書かれていましたので、白樺樹液を皆で飲み、ハーブティーも楽しみながら賑やかに作りました!

Yoko

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です