toggle
2020-07-24

深い悲しみに香りのお守りを

悲しみや苦しみが襲ってくる時は、香りを使って意識をそらすのも手です。

この梅雨の時期、空気中に沢山の水分を含んでいるような気がして(イメージです)、私は少し呼吸がつらいなと思うことが以前はありました。

そんな時にはアロマテラピーや呼吸法がお守りになります。

香りは一瞬で気持ちや心が変わるような気がします。

私はこれまでの人生の中で、大変だった頃は、ジャスミンやネロリの香りを持ち歩いていました。

ここ数年はベルガモットです。

ペンダントからベルガモットの素敵な香りがするのですよ!

人によってお守りになる香りは違いますから、体の中を新鮮な空気が通りぬけるような感覚をもつ香りや、優しく包んでくれる香りを見つけるといいですね。

一番簡単な香りを感じる方法は、ティッシュやハンカチに滴下して香りを嗅ぐだけです。

呼吸法も知っておくと役に立ちます。

過呼吸になる方は息を吸い過ぎですし、不安感に襲われる時は呼吸が浅いことがあります。

いろんな呼吸法があり、自分にあったものを見つけて頂きたいのですが、私の場合は吐くことだけを意識しています。吸わないと苦しいので、人間は勝手に息を吸います。ゆっくり時間をかけてお腹の中の空気を全部吐き切ります。何度かゆっくりゆっくり。

夜寝つけない時に呼吸を意識するといつのまにか眠ってしまいます。

呼吸法をしている時、お部屋の香りを森の香りフランキンセンスの神聖な香りにするだけで効果が倍増です。

辛い状態は続かないものですが、良いことだけが続く人もいませんので、その場を乗り切ることが出来る植物の香りのお守りをいくつか持っていると安心につながります。


2020年9月2日に全国へ向けてオンラインストアをOpenさせて頂きます!
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です